子育て仲間(教えて!にアドバイス

2020.01.16

ズボンに穴があかないようにする工夫

5歳の息子は、ズボンを買っても買っても、ひざに穴をあけてしまいます。元気に遊んでいる証拠とは思っても、困ったなぁと思うこともしばしば。穴があかないような工夫や、穴があいてしまったときの上手な繕い方を教えてほしいです。

                                       【埼玉県 りんごさん】

みなさんからのアドバイス

古い服でひざあてを作る

3歳の息子は、床に四つんばいになって毎日プラレールで遊ぶので、ズボンのひざに穴をあけてしまいます。そこで、着られなくなった服を切ってひざあてを作り、縫いつけています。クマやウサギの形にすると喜んでくれますし、ちょっと大きな楕円形にしても、おしゃれに見えてかわいいです。

【山梨県 べたさん】

ズボンの素材を選ぶ

私の息子も穴あきズボンばかり履いています(笑)。スパッツのような素材だと穴があきやすいので、大人と同じようなしっかりした生地のジーパンを選ぶようにしたら、穴があかなくなったので(薄くなることはありますが…)、オススメです! ジーパンなら、ダメージとして穴あきのままでも結構いけそうですし!(笑)

【千葉県 みーままさん】

丈夫なワッペンをしっかりつける

うちの4歳の息子も、同じくすぐにひざに穴をあけます。わが家では大きめのワッペンなどで穴をふさいでいます。特にデニム地のものは厚みがあり、ボロボロになりにくい上にオシャレです。ノリつきのものでも、裁縫用のボンドを追加で使うと、まったくとれませんよ。

【埼玉県 ミルフィーユさん】

穴のあきそうなところにワッペンをつけておく

わが家もよくひざに穴をあけます。長ズボンであれば、穴のあいた部分が縫いしろに収まるようにして、半ズボンにリメイクします。穴のあきそうなところに、あらかじめワッペンをつけておくのもオススメです。その際、アイロンでつけてしまうと取るのが大変なので、手間はかかりますが針と糸でチクチク縫うほうが、新たなワッペンをつける際にスムーズにいきます。お試しを!

【愛知県 吉武さん】

リメイクして再活用

うちも5歳男児なのでよくわかります。ズボンのひざに穴があく前、「あっ、生地が薄くなってきたな」と感じたときに、予防策で内側からあて布をします。素材にもよりますが、穴のあき方によっては、思い切ってハーフパンツにして、柔らかいものなら部屋着やパジャマ、ジーパンのようなものなら泥んこ遊び用にしてしまうこともあります。また、息子さんが嫌がらなければ、ハーフパンツの下に10分丈のレギンスを縫いつけてしまうのはどうでしょう。寒い季節には保温対策にもなるので、息子は喜んではいてくれます。

【大阪府 azukiさん】

かっこよく変身させる

8歳になる息子が5歳のころは、何本もズボンに穴をあけ、お尻にあくこともありました。なので、かっこいいワッペンを集め、穴があいたらラッキーくらいの気持ちで、親子でリメイク。1本のズボンが変身して二度うれしい! ちなみに小学生になると、穴があくことがほとんどなくなったので、ワッペンが余っています。

【三重県 こうちゃんママさん】

編集者からのひとこと

ワッペン・アップリケでふさぐという方が多数で、かわいい形に切ったフェルトを用意しておいたという方も。ズボンの素材選びや、お子さんが喜ぶ繕い方の参考にしてくださいね。

  • ポピー公式HPトップ
  • ポピー子育ておうえん隊
  • 幼児向け連動動画
  • 高校入試情報
  • ポピっこアプリ紹介
  • 公益財団法人 日本教材文化研究財団