親野智可等先生の親力診断

2021.04.01

あなたの子育てのモットーは?

あなたの子育てのモットーは、次のどれに近いですか?

【A】いいところを伸ばしてあげたい


【B】できないことを直してあげたい
 

【C】人に迷惑をかけない子にしてあげたい

診断結果

結果で一喜一憂する必要はありません。じっくり解説を読んで参考にしてみてください。

プラス思考(加点主義)の子育てが大事です。

【A】を選んだ人は…

こういうモットーの親は、プラス思考(加点主義)の子育てができます。「○○できてすごいね」「あなたは○○が好きだね」「あなたは○○が得意だね」「あなたのいいところは○○だよ」「がんばってるね」などの言葉が多くなります。それで、子どもはいい自己イメージを持つことができ、実際にそうなっていきます。

【B】を選んだ人は…

こういうモットーの親は、マイナス思考(減点主義)の子育てになりがちです。「また片付けができてない。何度言ったらわかるの!」「仕度をさっさとできるようにしないと、学校で困るでしょ」「それじゃだめでしょ」「あなたは○○ができないね」「○○を直しなさい」などの言葉が多くなってしまいます。それで、子どもはいい自己イメージが持てなくなり、自信をなくしていきます。

【C】を選んだ人は…

こういうモットーの親も、マイナス思考(減点主義)の子育てになりがちです。 Bと同じような言葉が多くなります。また、「恥ずかしいことをしないように」「騒がないように」「時間に遅れないように」「みっともないことをしないように」「あまり目立たないように」「大人しくしていなさい」「わがままを言わないように」などの言葉も多くなってしまいます。

苦手なところには 目をつぶりましょう

【B】や【C】のような親は、どうしても子どもの苦手なところやできないところを直そうという気持ちが強くなります。すると、がみがみ叱ることが多くなります。
でも、親に叱られても、子どもはなかなか自分を変えることができないものです。大人でも容易なことではありませんが、子どもなら、なおさらです。
なぜなら、子どもは大人よりも自分を変えたいというモチベーションも低く、意志も弱く、人生経験も少なく、いろいろと工夫する能力も十分ではないからです。
「子どものうちなら直しやすい」というのは、全くの迷信です。それに気づかずに、子どものうちに直してやろうと思っていると、親子で苦しむことになります。苦手なことばかりに目がいって、毎日イライラして生活することになります。そして、子どもは自信をなくし、自分は親に愛されていないのではないかという不安も芽生えてきてしまいます。
苦手なところには、目をつぶればいいのです。子どものいいところに注目して、それをどんどん伸ばしてあげるほうが得策です。そうすれば、毎日楽しく明るく生活できます。子どももどんどん伸びていきます。そのうち、苦手なところなど目立たなくなります。

  • ポピー公式HPトップ
  • ポピー子育ておうえん隊
  • 幼児向け連動動画
  • 高校入試情報
  • ポピっこアプリ紹介
  • 公益財団法人 日本教材文化研究財団