ポピーFacebook 子育ておうえん隊人気記事

2019.11.27

トランプから学ぶ中学校の算数の問題

トランプから学ぶ中学校の算数の問題

小学校の算数の学習でトランプを使うことがよくあります。

でも、私はトランプを使った授業というと、中学時代の数学の授業を思い出します。

Q.ある数からマイナスの数を引くと、なぜ数は増えるのか?

これを、「トランプを使って証明しなさい」という授業でした。

授業ではある設定とともに、生徒にトランプが渡されました。

設定

「黒字」「赤字」の意味に合わせて、黒いスペードとクローバーはプラスのカードとし、 赤いハートとダイヤのマイナスのカードとする、例えば、スペードの5なら「+5」、 ハートの6なら「-6」です。

この設定を使って、トランプでマイナスの引き算の証明をするのです。

先ず「マイナスの数を引く」をトランプでどう表現するかで、皆悩みました。

答え

でも、誰かがふと一言、「引くって、取って無くしてしまうことだよね」

これで何人かが証明方法を思いつきました。実に単純なやり方です。

最初にマイナスのカードを入れた2枚のカードで数を作ります。

「スペードの7」と「ハートの4」この合計が3になることは皆理解できます。

「そこからマイナス4を引く」と言って「ハートの4」を取ります。

「-4」が「3」から引かれたわけです。残ったのは「7」です。

以前の3から7に数が増えました。

考える授業で理解を深める

証明方法を思いつかなかった生徒も、目の前でこの証明をされるとすぐに 「マイナスの数の引き算」の意味を理解しました。

今でもトランプを見ると、この「考える授業」を思い出します。

  • ポピー公式HPトップ
  • ポピー子育ておうえん隊
  • 幼児向け連動動画
  • 高校入試情報
  • ポピっこアプリ紹介
  • 公益財団法人 日本教材文化研究財団