子育て仲間(教えてにアドバイス)

2021.04.20

のんびり屋さんの行動を早くさせるには?

子どもがのんびり屋さんで困る

5歳・年中の娘はおしゃべりもするし、友だちも多く、明るく楽しい性格ですが、一つだけ欠点があります。

朝の支度、片づけなど、そのことだけに集中すれば早くできるはずなのに、のんびり、ゆっくりしてしまいます。

声かけをしても難しく、幼稚園でもその様です。小学校に入ると素早い集団行動を求められると思うので心配です。

何かいい方法があったら、アドバイスをお願いします。

                                        【愛媛県 いっちゃんさん】

子どもがのんびり屋さんで困っていたご家庭からの4つのアドバイス

子どもがのんびり屋さんで困っていたご家庭の方から、アドバイスをもらいました。

家庭でも簡単にできるアドバイスとなっているので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

1.意外とよかった砂時計

うちは男の子ですが、のんびり屋さんです。

のんびりつき合ってあげればいいのでしょうが、仕事に遅れるわけにもいかないので、朝はいかに早くさせるかが勝負です。

 

いろいろやってみましたが砂時計が意外とよかったです。砂がどんどんこぼれ落ちるので、「全部落ちる前にやってしまわないと!」と子どもなりにあせるようです。

毎日やるとすぐに飽きてしまうので、ここぞ!というときに使っています。

【大阪府 もこもこさん】

2.のんびり屋さんは一つに集中できるように環境を整えてあげる

私の長女ものんびり屋さんでマイペース。何をするにも遅く、ぼーっとしているので、幼稚園では心配でした。

なぜかと考えてみると、

  • ・支度や着替えのときにテレビが気になってそれに集中してしまう
  • ・一度に二つのことを言うと片方を忘れてしまう
  • など、子どもの集中力を下げていたのは私自身かもと思い直し、一つのことに集中できるよう気をつかいました。/
 

今は小学2年生ですが、集団行動に問題はありません。

少しずつでも子どもは着実に成長しているのであまり先のことは心配せず、今できることをサポートしてあげたらよいと思います。

 

朝の支度なら、一つずつクリアできるよう一度に言わない、片づけなら、一つを定位置に戻せたら次の片づけというように、お母さまもそばで一緒にやってあげられたらいいですね。

声かけだけでは効果がなかったので。がんばってみてくださいね。

【愛知県 あんまんさん】

3.調整つきで母と競争

わが家の子どもたちも着替え、片づけなど、のんびりと遊びながらすることがよくあります。

そんなときは私と競争にします。

 

「○○ちゃんの着替えと、お母さんが歯みがきと化粧するの、どっちが早いか競争!」と言って、運動会の曲を歌います。

すると、急がないととすごく早くがんばります。

 

子どもにしてほしい内容の時間を考えて、自分の内容も二つにしたり、三つにしたりしています。

子どもが勝ったり負けたりするように、行動時間も調整します。

「おぉ~っと、ここでお母さんはトイレ行きます!」とか解説しながら競争すると、楽しんでいますよ。

【京都府 お好み子さん】

4.のんびりが原因で待つ人の気持ちを一緒に考えるようにする

よくわかります。わが家も同じで、朝ものんびり、外出したときに車から降りるのも遅く、車内でしゃべり続けていてこっちがイライラ。

「早くしなさい」は意味がないんですよね。

 

しかし、少しずつ相手の気持ちを考えることができるようになってきているので、待っている人の気持ちを一緒に考えるようにしています。

人に合わせてばかりでもいけないのですが、「朝や集団行動のときは困る人がいることもあるんだよ」と話をすると、少しずつ伝わっているように思います。

【鹿児島県 ともこさん】

編集者からのひとこと

のんびり屋さんのいるご家庭で実際に有効だったアドバイスを4つご紹介しました。

他には、

  • ・時計の長い針がこの数字に来るまでにしよう
  • ・早くできたら一緒に遊ぼう
  • と言う、アイデアも。だんだんできていくものなので、お子さんに合った方法で気長に進めてくださいね。
 

ポピー子育ておうえん隊では、その他こどもの困ったくせや性格についての記事もご紹介しています。

他にも、困っていることがあれば是非参考にしてみてください。

↓↓↓

子どもの困ったくせ・性格への対策ページ

ギリギリまでトイレを我慢しない方法は?ページ

顔に水がかかっても平気になる方法ページ

  • ポピー公式HPトップ
  • ポピー子育ておうえん隊
  • 幼児向け連動動画
  • 高校入試情報
  • ポピっこアプリ紹介
  • 公益財団法人 日本教材文化研究財団